後見実務相談室 TOP > 成年後見Q&A > 後見終了後のQ&A > 相続税の申告義務

後見終了後Q&A

更新日時:2009年06月16日はてなに追加MyYahoo!に追加del.icio.usに追加

相続税の申告義務

カテゴリー:後見終了後Q&A

キーワード:

印刷する
質問
相続税の申告義務について
回答
 被相続人から相続又は遺贈により財産を取得した者及び被相続人に係る相続時清算課税適用者の全員について、各々「課税価格」を計算し、その「課税価格」の合計額が基礎控除額を超える場合に、上記の者は相続税の申告義務を負います。
 つまり、基礎控除額(5000万円+1000万円×法定相続人の数)を超えない場合には相続税の申告は必要ありません。
 なお、具体的な「課税価格」や「基礎控除額」の計算については、税理士等の専門家にお問い合わせください。
前のページに戻る 相談する

このページのTOP▲

相談を入力してください。


RSSフィード登録