後見実務相談室 TOP > 遺言・相続ニュース > 「弁護士へ5億円贈与」遺言無効 親族の請求認める判決

遺言・相続ニュース

更新日時:2013年04月17日はてなに追加MyYahoo!に追加del.icio.usに追加

「弁護士へ5億円贈与」遺言無効 親族の請求認める判決

カテゴリー:遺言・相続ニュース

認知症だった呉服店経営者の女性が、相談していた80代の弁護士に5億円超の遺産を贈与するとした遺言書について、女性のめいが無効を求めた訴訟の判決があり、京都地裁が請求を認めた。判決は11日付。

判決によると、女性は預貯金約3億2700万円と呉服店の株式(約2億円相当)、土地建物(約1700万円相当)の財産を所有。2003年2月から弁護士と十数回打ち合わせ、同年12月、「私のいさんは後のことをすべておまかせしている弁ご士にいぞうします」と遺言書を作成。05年10月に法務局に遺言書が自分のものと申告し、09年2月に92歳で死亡した。

橋詰均裁判長は、遺言書の作成時点は「初期認知症の段階にあった」と判断。5億円超の遺産贈与には高度の精神能力を要するとした上で、「縁のある親戚に対し、預金さえも全くのこそうとせず、赤の他人に全遺産を贈与しようというのは奇異なこと」とした。

被告の弁護士側は控訴する方針。原告の代理人弁護士は「弁護士は依頼人のために知識や知恵を使うべきで、自分のために使うことは倫理上許されない」と話している。

参照ニュースURL

http://www.asahi.com/national/update/0417/OSK201304170006.html

このページのTOP▲

相談を入力してください。


RSSフィード登録