後見実務相談室 TOP > 後見関連ニュース > 法定後見 三つの類型

後見関連ニュース

更新日時:2009年04月09日はてなに追加MyYahoo!に追加del.icio.usに追加

法定後見 三つの類型

カテゴリー:後見関連ニュース

 香さん(仮名)は一人暮らしの母親(82歳)を訪ねた。預金通帳が出してあったので何気なく見ると、今年になって月に50万円、100万円と下ろされている。

 母親に使い道を聞いたが、覚えていない。やがて、「放っておいてよ」と怒りだした。

 こっそり家の中を探してみると、訪問販売の物と思われる領収書が次々と出てきた。母親は悪質商法のカモにされていたのだ。驚いて地方に住む兄に伝えたところ、「近くにお前がいて何だ」としかられたが、母親は、体は元気で、香さんがお金のことに口出しすると嫌がるので、任せていたのだ。

 これからどうすべきかを弁護士に相談したところ、「母上は認知症が出ていませんか? そうであればすぐに成年後見制度を利用すべきです」と言われ、「成年後見用診断書」の用紙を渡された。

参照ニュースURL

http://www.yomiuri.co.jp/iryou/kaigo/korobanu/20090407-OYT8T00686.htm?from=os2

このページのTOP▲

相談を入力してください。


RSSフィード登録